PRODUCTS-1

当社製品(ハードウェア)の概要
当社製品は生体情報追跡装置であり、BIT(=Bio Information Tracer)とよびます。
BITには心電計温度計3軸加速度計等が内蔵されており、そこから数多くの生体データが取得できます。
■MR-BIT

生体センサ(内蔵)

① 心電計(ECG)

② 温度計(赤外線温度センサ)

③3軸加速度計

■MR-BITの特長

1. 超小型(サイズ:50×50×15㎜、重量:43g)のウエアブルタイプ のため装着が簡単

2. S/N(ノイズ)比の優秀さと波形の忠実さ

3. 超極少電力消費のため長時間継続使用可能

4. 防水性により、装着時のシャワーや入浴等も可能

5. カスタマイズ機能として、ファームウェアに書き込みが可能

6. プライバシー保護機構の充実

7. 極めて多様な利用方法

■MR-BITから得られる情報

① 自律神経活動度

② 呼吸数

③ 心拍数

④ 脈の乱れ

⑤ 糖尿のリスク

​心電計(RR間隔)
3軸加速度計

① 速度

② 距離

③ 姿勢

④ ポジション

⑤ 運動量とエネルギー消費量

​⑥ etc.

最新製品SUPER-BITは、従来のBITの機能に加えて、
①3軸のジャイロ ②3軸のコンパス ③気圧計(高度計) ④3種類のLED(赤色、赤外線、緑色)
を搭載し更に表面に有機ELの表示盤を有する究極ともいえる高機能BITです。
■SUPER-BIT
■SUPER-BITから得られる情報

サイズ:40 x  43 x  13㎜

重量:20g

① 心電図   (脈の乱れ、自律神経の導出、自律神経活動度

② 温度    (表皮温度、環境温度 体内温度)

③ 加速度   (重力加速度、運動加速度、微小体動)

④ 運動量   (運動エネルギー、消費エネルギー、METs、姿勢)

⑤ 睡眠状態   (睡眠状態の基本データ無呼吸症候群(AHI)、睡眠の質、NREN etc.)

⑥ ストレス状態(健康→問題あり 糖尿病 うつ病 自律神経    統合失調症 いじめ パワハラ等の抽出)

⑦ 血中酸素飽和濃度(パルス、オキシメータ)

⑧ パルスウェーブ

⑨ 血管年齢

⑩ グルコース (現在実験中)

⑪ 気圧    (下二桁)

⑫ 高度    (5㎝位の精度)

⑬ etc.     (現在、血圧の導出を検討中

■SUPER-BITの特長

・心臓の傍で、ノイズの少ない、しっかりとした波形が測定できる(心臓の近くでの血圧も算出の可能性)

・心と体の動きを連動させ測定できる

9軸センサにより、体幹に沿って体の代表値として測定できる

                                     ⇒ スポーツ医学の強力な測定武器となる(全てのスポーツに対応できる)

・多くの機能(ex.血中酸素飽和濃度、気圧と高度(高地訓練値)、血管年齢etc.を有し、“未病発見センサ”となる)

・生活防水機能を持ち、普段の生活のまま必要データが全て取得可能

・体に影響を与えないユースウェアにやさしい設計

・etc.

PRODUCTS-2

当社製品(ソフトウェア)の概要
BIT(ハード)により取得したデータを解析するソフトはBITAS(=BIT Analysis Software)とよびます。
BITASによりデータ解析を行うことで、からだの健康状態のみならず、こころの健康状態まで把握することができます。

からだの健康状態の把握

 • 脈の乱れ(不整脈)

 • 心拍数(頻脈・除脈)

 • 呼吸周波数

 • 糖尿のリスク

    BITAS-HEALTH   

こころや眠りの健康状態の把握

 • 自律神経活動バランス

 • ストレス度合チェック

 • 睡眠解析(質のチェック)

 • 睡眠時無呼吸の有無

生体センサ(内蔵)

① 心電計(ECG)

② 温度計(赤外線温度センサ)

③ 3軸加速度計

    BITAS-STRESS   
     BITAS-SLEEP    

運動状態の把握

 • 活動量(METs)

 • 歩行バランス(左右の揺れなど)

 • 転倒/転落状態の把握

 • スポーツ選手の活動解析

   (加速度、スピード、フォーム姿勢等)

   BITAS-ACTIVITY  
BITにより取得したデータ(BITAS-BASE)は、以下のように一次解析データとして確認することができます。

加速度センサおよび心拍による睡眠時無呼吸を表示、分析に必要な加速度センサの詳細を表示

心拍(約1分間)

加速度センサー表示

心拍データから分析した、

平均心拍数を表示(分単位)

心拍のR-R間隔表示

左から赤間が10秒青間が30秒

心拍データから分析した

自律神経関連のグラフを表示

交感神経(赤)・副交感神経(青)

自律神経活動度(CVRR)

RR間隔変動(RRIV)

心拍データから分析した、

呼吸数を表示(分単位)

加速度センサから消費エネルギーを表示、IRセンサから

皮膚温度を表示

加速度センサによる姿勢を表示、立位以外の姿勢が継続している箇所が赤表示

コンシューマー向け未病発見サービス「ウェブ・ヘルスドック」​www.webhealthdock.shopでは、
一次解析データから以下のような解析レポートを被験者にフィードバックしています。
LINKS

Tel: 03-5840-5388

Fax:03-5800-0095

​〒113-0033

東京都文京区本郷1-28-17

​荒井ビル5F

SOCIAL
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020  Institute of Man and Science Inc. All Rights Reserved.