MESSAGE

トップメッセージ

いま、私たちは大変な変革の時代に直面しています。

 

コロナウィルスによるパンデミックは、明治維新前のペリーの浦賀への来航くらいのインパクトを日本社会にも、世界にも与えています。日本にとっては第二の黒船の渡来です。

しかし注目せねばならないのは、コロナウィルス前から、既に我々人類の築いてきた処々の文明文化がきしみを生じ始めていて、社会も経済も政治も新しいものへと変革を迫られ始めていたのです。それをコロナウィルスのパンデミックが大きな契機として後押しをし始めています。

 

おそらく国家の在り方、国際関係の在り方、民主主義の在り方、グローバル企業の在り方等々、全ての文明文化に対し、“?”がつけられ、新しい時代の新しい生活が「産 官 学 民」の全てにおいて創造していく時代が訪れてきました。

そうした中で当研究所は、半世紀近く未来予測を通じて社会に貢献することに力を注いできました。これからも未来予測と共に、研究開発、特にヘルスケアに関して、より良いウェアブルセンサーとその解析ソフトの開発に邁進していく所存であります。

 

皆さまのご支援をいただきながら、新しい時代の新しい生活を築いてまいります。

 

どうぞご期待ください。

代表取締役社長 兼 研究所長 飛 岡  健

 

昭和19年(1944)東京生まれ

昭和48年東京大学工学系大学院博士課程修了

中島飛行機の技術者であった父の跡を継いで、航空工学を専攻し、システム科学を学ぶ。東大のロケット人工衛星の打ち上げ・研究にも従事。その後、哲学、社会学、経済学、生物学等を学び、学際的な研究を主として、ビジネス分野にも鋭意進出。昭和50年、新しい時代のニーズに答えるべく、現代人間科学研究所を設立し、人文科学と自然科学の統合をはかり、商品・マーケット・消費者・科学技術を未来予測の視点から研究し政府や地方自治体関係の様々な委託研究に従事する一方、民間企業からも委託研究を受け、成果をあげている。日本全国を講演に歩き、講演回数は、3000回を超え「明日の時代」を見る先見性に満ちた視点に定評がある。また、学術的な視点からの未来研究を積極的に展開し未来予測研究会『WSF』を関東(東京)、関西(神戸)で開催し、社会、政治、経済、科学技術等の今後の展開について分かりやすい解説指導を行ない、数百社を集め好評を博している。最近では、多くの企業の顧問に就き、経営者の育成に努めている。

LINKS

Tel: 03-5840-5388

Fax:03-5800-0095

​〒113-0033

東京都文京区本郷1-28-17

​荒井ビル5F

SOCIAL
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020  Institute of Man and Science Inc. All Rights Reserved.